安南のへそ

発展著しいベトナム中部の町、ダナン暮らしを経てすっかりベトナムマニアになってしまいました。ディープに書き綴ってまいります。

ベトナムのレア情報からNGOの苦労話まで聞いてきた@グロフェス打ち上げ

f:id:soyliliani:20171008221205j:plain

三連休はなかなかよろしいお天気に恵まれてますね。

しかし、連日の出張続きと季節の変わり目のせいか、ワタシ自身はパワーダウン気味でございます。

 

あ~、こんな時はベトナム料理で癒されたい、と在りし日々@ダナンを懐かしく思い出します。

 

しかし、帰国してから1年以上たち大してダナン情報をアップデートしていないのにも拘らず、こうして拙ブログにお越しくださる方はたくさんいらっしゃるようで、本当にありがたいことです。

 

この場を借りて厚く御礼申し上げます<m(__)m>

 

ところで、先日のグロフェスは大盛況に終わり、カトゥー製品も昨年度より売り上げを伸ばすことができました。お越しいただいた方、お買い上げいただいた方、改めましてありがとうございました!!

 

そんなグロフェスの打ち上げが、週末行われたので行ってきました!

 

f:id:soyliliani:20171008224304j:plain

 

打ち上げと言っても、反省会も兼ねているので今回の展示で気づいたこと、次回への改善点などをボードに書いていきます。ワタシ自身いくつか気になったことがあったので、書かせていただきました。今回ご一緒したボランティアの方々のご意見も、新鮮でとても興味深かったです。

 

ちょっと体力切れ気味の私でしたが、なんとダナン事務所のディレクターで且つ、ダナン時代の女子会メンバーの方が一時帰国されており、感動の?再会を果たすことができたのでした!!

 

彼女のパワフルでウィットにとんだおしゃべりに元気を分けていただいた感じです。

また、現在試作中のバナナチップスをいただけて「ボランティアの特権」を味わいました(笑)

 

f:id:soyliliani:20171008224405j:plain

 

こういう場に参加させていただくと、その団体さんの活動の裏話を教えてもらえます。「もらえます」という表現はやや失礼なのですが、やはりこういうことは実際に現地で苦労されている方だからこそ分かる話。そういう話を教えていただくことで、現地の状況の更なる理解につながるのです。

 

ワタシ自身もそういう国際協力の場にいたことがあるので解るんですが、

 

きれいごとばっかりじゃないんだよ~~~~(´;ω;`)ウッ…

 

でも、やってやる~~~~!!!

 

 

という思いなのです。

 

ただ、FIDRの場合、ディレクターさんが本当に仕事のできる方々ばかりで、ちゃんと事業を成功へとつなげていらっしゃるのです。

 

今回ボランティアさせていただいたことで、改めてFIDRさんがベトナム中部の少数民族が暮らすエリアの支援をしてきた20年近い年月の間で起きた変化を見て、やっぱりすごいなと思いました。

 

2001年に始まった当初は食糧事情の改善ということで、農業・畜産支援から始まり、その後少数民族の伝統工芸復興支援、彼らが主体になった町おこしとしての観光開発をへて、2016年からは彼らのリーダーシップトレーニングの方向にまで持ってこられたわけです。

 

参考画像はこちら


【ベトナム】イノベーションへの軌跡~挑む・実る・伝える~/FIDR


ベトナム・ナムザン郡地域総合開発/FIDR


ベトナム少数民族地域活性化のための観光開発プロジェクト~5つの提供価値~/FIDR


ベトナム少数民族手工芸支援プロジェクト/FIDR

 

16年の歳月で、これだけの結果を出すって、決して楽な事ではないのです。あきらめたくなることだってたくさんあるわけで、それでもディレクターや現地のスタッフを含めみんなが一つのことに注力してきたことが実を結んだ好事例だと思います。

 

正直自分の進路について色々考える今日この頃のワタシには、考えさせられることが多々ありました。

 

NGO裏話のほかに、16年も活動してきたからこそ分かるベトナム事情も教えていただき、これがなかなか耳にはできない話なので、それも非常に勉強になり、ベトナムをさらにディープに知ることができた夜でしたね。

 

ああ、次はいつ里帰りをしようかな。

 

ダナンから車で2時間半ほどのカトゥー族の村へのツアーはただいま大好評!ダナンへ行かれる方はぜひ、ご検討ください。

 

cotucbt.jimdo.com