安南のへそ

発展著しいベトナム中部の町、ダナン暮らしを経てすっかりベトナムマニアになってしまいました。ディープに書き綴ってまいります。

カトゥーのビーズワークは「あるもの」で織りなしていた

f:id:soyliliani:20180113164101j:plain

大変ご無沙汰しております。

あっという間に年を越してしまいましたね。

ちょいとばかし遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

更新もままならないというのに、現在でもたくさんの方にお読みいただいている「安南のへそ」ですが、今年もゆる~く更新を続けていきたいと思っております。

なにとぞよろしくお願い致します<m(__)m>

 

 

さて、2018年最初の投稿も、おなじみカトゥー族ネタになります。

ダナンから帰って来て久しいのですが、未だにカトゥー族とのご縁が切れないという、なんだか前世で何か因縁があったのだろうかと不思議な心持がしますが、書きたいことが出てくるんだから仕方ない。ここはひとつ書かせていただけたらうれしく存じますw

 

www.annannoheso.com

www.annannoheso.com

www.annannoheso.com

www.annannoheso.com

 

ところで、冒頭の画像ですが、こちらはダナンで撮った写真の中でも1番のお気に入りと言ってもいいほどの一葉。勘のいい方はお分かりになるかもしれませんが、カトゥー族の村で撮ったモノ。

 

こちらの女性、何をしているのかお分かりになる方はいらっしゃるでしょうか?

 

カトゥー族伝統織物の特徴的なビーズを織り込むという非常に細やかな作業をしているところなのです。

 

f:id:soyliliani:20180113165506j:plain

 

布を織ること自体果てしない作業ですが、そこに模様ができるように一粒ずつビーズを糸に通していくのですから、気が遠くなるのを通り越して失神してしまいそうです。

 

先日、カトゥー族を支援しているNGOの方から、あるものを頂戴しました。

ワタシがあまりにカトゥーカトゥーうるさいので、ご厚意で分けていただいたのがこちら☟

 

f:id:soyliliani:20180113164155j:plain

カトゥー族の女性がビーズを折込み、模様を作るときに使う道具なのですが、はい、ここでクイズ!この細いペンのようなものはもともと何だったでしょうかっ???

 

正解はヤマアラシの棘(針毛)でした~~~!!!

 

寄ってみるとこうなってます。

f:id:soyliliani:20180113164227j:plain

 

そんな超レアなモノをいただいたので、今回はカトゥー織のビーズモチーフについてもシェアしちゃおうと思います。(同時にワタシのカトゥー布コレクションも一挙大公開w)

 

①アティアの葉

f:id:soyliliani:20180113164306j:plain

 

ビーズモチーフの多くが彼らの村の自然を表したもの。中でもこちらは家や集会所の屋根材に用いられる植物の葉を表現しています。

 

②アトゥットの葉

f:id:soyliliani:20180113164508j:plain

 

こちらも植物の葉がモチーフになっています。アトゥットはほうきを作るときに使われるそうです。

 

③メノウのジュエリー

f:id:soyliliani:20180113164854j:plain

 

カトゥーの女村では、ひし形のオレンジのネックレスを身に着けている女性に出会います。緋色の正体はメノウ。彼女たちにとって宝石でもあり、母から娘へと受け継がれていくジュエリーなのです。

 

f:id:soyliliani:20180113165356j:plain

昔は非常に高い価値があり、メノウ一つが牛一頭と言われていたのだとか。

 

④山

f:id:soyliliani:20180113165446j:plain

カトゥー族の人たちは主にベトナム中部とラオス南部の山岳地帯に暮らしています。男性は何か月か狩りのため山に籠る生活を送るため、彼らは「森の民」とも呼ばれています。

 

文字通り山の大自然を庭のように暮らすカトゥー族にとって、山は生きていくうえで欠かせない命の源。

 

当然織物にも山モチーフが生まれてきます。上の画像の上部三角形が山のモチーフとなります。

 

f:id:soyliliani:20180113170540j:plain

☝カトゥー族を支援されているFIDRさんが作られた、こちらの本を参考にさせていただきました!

 

www.annannoheso.com

 

他にもダンサーやコオロギなどユニークなモチーフがたくさんあるのですが、あいにく我がコレクションの中にそのモチーフがありません・・・(´;ω;`)

 

一枚の布に秘められた物語が一つずつ目の前に現れてくると、思い入れがますます深まっていくのを感じます。

 

次はいつダナンへ里帰りしようかと心の中にその思いはあるのですが、いかんせん欲張りなワタシはダイビング行ったり、新しい場所を旅したり、と故郷を後回しにしてしまってます(反省)。

 

また次にカトゥーの人たちに会えるのは、いつになるのでしょう。

でもきっと、また会えると信じてます。

 

カトゥー族のツアーはこちらから

http://cotucbt.jimdo.com/